ホーム>STAFF BLOG>統括サービス責任者 堀>ワンオフ  サドルバックサポート 取り外し可能。完成です
統括サービス責任者 堀

ワンオフ  サドルバックサポート 取り外し可能。完成です

堀ブログです

 

先日、TIG溶接の研修に行かせてもらいました。

その道の先輩方に、直に教えていただいた溶接技術に加えて

専門の研修を受けることで、より知識や技術を深められたらと思いましての参加でした。

いや~~。久々の座学。新鮮でしたね。確かめたかったこともバッチリでしたし。また行きたいです。

 

では本題です。

以前にもご紹介させていただいたのですが、

デタッチャブル式(取り外し式)のワンオフサドルバックサポート&レールの

パウダーコートが終わりましたので、T様の車両に早速取り付けます。

 

20141017135415.jpg

こいつがサドルバックサポート&レールで、

 

20141017135444.jpg

こっちがサドルバックサポート&レールをデタッチャブル式にするための土台です。

パウダーコートの仕上がりもバッチリです。

 

取り付ける車両はFXDBA。

今回はFXDBA用にワンオフしましたが、

本来は、このモデルにデタッチャブル式のオプションパーツを取り付けるには

メーカーから別売りされている

 『ターンシグナルリロケーション』

というものが必要。

 

このモデルのターンシグナルリロケーションキットは

ウインカーをかなり後方に移動するという製品です。

 

T様の車両の雰囲気にはちょっと似合わないかな?と思いまして、

このキットを使用せず、ウインカーの移動をしないで済むように製作いたしました。

 

取り付けます。

201410171444.jpg

2014101714517.jpg

2014101714550.jpg

ウインカー位置はそのままに。(私にとって今回の目玉にしたい部分でございますのでアピリます)

デタッチャブルにするための土台が付きました。

お洒落にメッキボルトを使用しました。

 

2014101714725.jpg

201410171480.jpg

2014101714832.jpg

レール部分はタンクグラフィックに合わせて後部を尖らせてみました。

前部には飾りナットを溶接してあります。

車体の全体イメージ(完全な主観です。すみません)に合わせて、

デザインの各部にアーチ型の部分とまっすぐな部分を織り交ぜてみました。

 

20141017141159.jpg

20141017141225.jpg

バックに合わせて製作しましたので、ベルト位置とベルトを通すループ位置はドンピシャです。

 

20141017141331.jpg

20141017141356.jpg

バックとサドルバックサポート&レールは一体式のようになっていますので

レールごとごっそり外せます。

 

またサドルバックサポートを長期使用しないときなどは、

20141017141627.jpg

20141017141653.jpg

デタッチャブルカラー部分を外して、ボルト穴部分をキャップなどで隠せば

土台自体は、取り外さなくてもほとんど目立たない存在になります。

 

T様。お待たせいたしました。完成でございます!

堀ブログでした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-narita.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1824