ホーム>メンテナンス>ワンオフ製作 その他カスタム&加工一覧

ワンオフ製作 その他カスタム&加工一覧

ワンオフ製作 その他カスタム&加工一覧

このページでは、

HD幕張・HD成田サービス部の手によって製作、加工などをおこないました

ほんの一例をご紹介させていただきます。

 

外注ではなく、自社で作業することにより

お客様のご要望に忠実かつ柔軟に対応できます。

 

また外注よりも比較的、安価かつスピーディーにご提供させていただくことができるのが

弊社サービス部の特徴、強味でございます。

 

ご要望などございましたら、ぜひぜひお気軽に

サービス部スタッフにご相談くださいませ。

 

 

【 ワンオフ品 】

◆ FXSB シーシーバー製作

市販品にお客様の理想のシーシーバーがないとのことにて製作しました。

土台側はできるだけナローに、またある程度高さのあるシーシーバーに仕上げました。

20161114132929.JPG

2016111714441.jpg

2016111714451.jpg

2016111813496.jpg 2016111813500.jpg 20161118135052.jpg
     

 

◆ スポーツスター 装飾用シーシーバー製作

装飾用で構わない。とのご依頼でしたが、ある程度の強度は確保して製作しました。

20161114132417.JPG

20161118135554.JPG

20161117153350.jpg

20161118135518.JPG 20161118135641.JPG

20161117153336.jpg

 

◆ FXDL 片持ちナンバーステー製作     

 ダイナ特有のリヤ周りの強い揺れを考慮しながら、対策を施し製作しました。  

ナンバー表示について明確化された現在、需要が増えてきています。    

2016111413267.JPG

20161117144231.jpg

20161117144047.jpg

20161117144133.jpg

20161117144156.jpg

20161117144212.jpg

20161117143949.jpg

2016111714434.jpg

20161117144034.jpg

 

 

 社外品外装 取り付けステー類製作 

     メーカー付属のステーは使わず、ステー類を製作し直し、全体のバランスも取りなおしました。

201611171508.jpg

20161117145911.jpg

20161117145932.jpg

20161117145950.jpg

20161114132853.JPG

20161114132915.JPG

 

 

◆ VーROD  タンデムバー製作 

安全かつ快適にタンデムライドできるように製作しました。

2016111715859.jpg

2016111715657.jpg

2016111715735.jpg

20161119133714.jpg 20161119133752.jpg 20161119133839.jpg
20161119133951.jpg 20161119134051.jpg 20161119134136.jpg
20161118144313.jpg

2016111715715.jpg

20161118144417.jpg

V-RODに限らず、タンデムライドする際に装備しておきたいのが背もたれと、手で握る場所。

タンデムベルトもその一つですが、握っても安定感や安心感は今ひとつ。

タンデムバーがあれば、しっかりと体を安定させることができます。

製作したタンデムバーは、前でも後ろでも握ることができるように

設計していますので、タンデムにおいて発進加速による疲労も軽減できます。


 

 

◆ V-ROD用 サドルバックサポート製作   

あまり市販されていないV-ROD用のサドルバックサポートを製作してみました。

201611171587.jpg

2016111715837.jpg

2016111715821.jpg

20161114132441.JPG

2016111715753.jpg

2016111813455.jpg
2016111813644.jpg

ワンオフサドルバックサポートは使用するサドルバックに合わせて

製作することができます。

ベルト位置や固定ひもの位置などをピッタリにすることができますので

市販のサポートよりもしっかりと固定することができます。

 

   


 

◆ FXDB デタッチャブルサドルバックサポート製作

簡単に取り外しができるサドルバックサポートを製作しました。

20161117143614.jpg

20161117143356.jpg

20161117143416.jpg

20161117143550.jpg

20161117143515.jpg

ワンタッチでバックごと

車両から取り外しできる

サドルバックサポートです。

使用するサドルバックに合わせて製作

します。

 

 

◆ キャリアマウントステー製作&市販キャリアをモデファイ     

市販品のキャリアを、ローマウント化&強度アップしました。

2016111715133.jpg

20161118131013.jpg

20161118131047.jpg

2016111813112.jpg

20161117151038.jpg

← 左写真が加工前のキャリア。右が

加工後。ローマウント化&各所補強で

強度アップ。サドルバックサポートも

併用の為、キャリアマウントも

製作し直し、ここでも強度を上げます

↑(上写真の黒い二つのプレート)

2016111917461.jpg 20161119174647.jpg 20161119174742.jpg

2016111715118.jpg

20161117151053.jpg

20161117151124.jpg

20161118132552.jpg 20161118132437.jpg

左写真:キャリアにプレートを溶接して

ネジ山を設けました。

左画像のようにフック取り付けなど

拡張性を持たせて製作しています。

 

 

◆ 260タイヤ用  2分割式・デタッチャブルキャリア製作

左右で2分割&デタッチャブル式でのご依頼。製作してみました。左右をつなぎ合わせるのは木製の天板です。

260タイヤで、幅の広い社外フェンダーを装着しているのでキャリア取付プレートから製作しました。

20161118145046.JPG 20161118145137.JPG 20161118145211.JPG
20161118145537.JPG 2016111815059.JPG 2016111815614.JPG

キャリアはデタッチャブル式。キャリア取付プレートも左右ボルト4本を脱着するだけで取り外し可能です。

普段乗りでは取り付けプレートは外し、社外フェンダーのシルエットで。

ツーリング時は取り付けプレートとデタッチャブルキャリアを装着。なんてことを可能にしています。

 

 

◆ 260タイヤ用  エキパイ&マフラーステー製作

260タイヤ装着により、ノーマルエキパイではマフラーが装着できなくなるので製作しました。

これで車検や点検もノーマルマフラーで受験することができます。

20161117152530.jpg

20161117152456.jpg

20161117152515.jpg

同時にエキパイをショート化してカスタムマフラーのような外見にしています。

取り付けステーについては

脱着を容易にできるような形状に設計して製作してみました。

 

 

◆ 社外スイングアーム取り付け   ワンオフ製作&フィッティング作業

2016111816544.JPG 20161118161311.JPG 2016111816104.JPG

↑ RICKSのスイングアームです。

ホイールの位置出し、ドライブベルトのミリ単位の位置決め。キャリパーストッパー製作、溶接などなど、

このスイングアームのフィッティングは非常に難しく、時間がかかります。

20161117152611.jpg

20161117152627.jpg

2016111816648.JPG

↑ ブレーキキャリパーのストッパーを製作しなおし、スイングアームに溶接しました。

同時にウインカーもスイングアームにステーを溶接し移設しています。

20161118162037.JPG

20161118155410.JPG

20161118161943.JPG

↑ 配線処理をスマートにするための配線止めを製作し溶接。タイラップなどを使わなくて済みます。

地道な作業を重ねれば、仕上がりに差が生まれます。サービス部のこだわりです。

 

 

◆ ノーマルフェンダー幅広加工 専用社外フェンダーを使用せずワンオフ製作

20161118164257.jpg

2016111816255.JPG

20161118163311.JPG

通常、幅広タイヤをはかせるための社外品スイングアームを装着した際リヤフェンダーも専用品を使用するのが、

セオリーで簡単な方法ですが、ノーマルフェンダーを使用してほしいとのご要望でした。

ノーマルフェンダーを2分割に切断し、隙間に鉄板を溶接し幅広加工し、テールランプベースの穴も埋めました。

フェンダーショート加工も行いました。後方を斜めに切断することにより、独特な形状に仕上げています。

また、FXSB用のフェンダーストラットを使用し穴位置を変更することで

ノーマルフェンダーでありながらも高さを抑えています。

 

 

 年式不適合 社外フェンダー&ガード取り付け 

エボリューションの車体に旧年式のヒンジ付きフェンダーをフィッティングしました。

この手の加工の際に、他社でよく見受けられるのがバッテリー後ろのフレームを大幅に切断してしまう手法。

弊社サービス部では、その手法は取らずに、工夫を凝らして装着することに成功しました。

20161117142746.jpg

20161117142731.jpg

2016111714316.jpg

2016111991535.jpg 2016111991616.jpg 2016111991729.jpg

↑ フィッティング完成写真です。旧年式フェンダーにより非常に雰囲気のある車両になりました。

スイングアームとリヤフェンダーが一体となり、一緒に動かなくてはいけないのが、

このフィッティングの最大の難関です。

 
2016111817117.jpg 2016111817217.jpg 2016111817334.jpg
↑ 上の3枚の写真がノーマルの状態です。ここから様々なワンオフ製作や加工作業を行っていきます。
 

201611181773.jpg

2016111817951.jpg 20161118171015.jpg

↑ まずは仮止めして思案。リヤフェンダー脇のフレームはお客様のご希望でカットいたしました。

弊社ではバッテリー後ろのフレームカットは行わずに、フィッティングすることが可能です。

     
20161118171736.jpg 2016111817186.jpg  

2016111817249.jpg

20161118172534.jpg

20161118172316.jpg
2016111817277.jpg 2016111817341.jpg 20161118173532.jpg
 
20161118173621.jpg 20161118172928.jpg 20161118173157.jpg

↑ フェンダーとスイングアームの上下の干渉部分を切削した後、鉄板で埋めています。

また、スイングアームとの接合金具をワンオフしてスイングアームと合体します。

切断によってプレスラインが途中で切れてしまいましたが、鉄板溶接と切削で再現しています。

2016111993648.jpg

201611199403.jpg

2016111994139.jpg
2016111994239.jpg

← ↑ 不適合フェンダーですので、フェンダーとタイヤの

  クリアランスが不足。

  一度切断し形状を変更したあと、再度溶接することにより

  なんとかクリアランスを確保することが出来ました。

  

2016111995120.jpg 2016111995149.jpg 2016111995358.jpg
同時にご依頼いただいたガード類も、ステー・カラーなどの製作、溶接により取り付けを行いました。

 

 

◆ ウインカー移設ステー類製作

カスタム車両を製作する際に厄介なのがウインカーの存在。

目立たないのにしっかりと視認でき、かつ車検適合位置に移設しています。

2016111910627.jpg

20161120104923.jpg 20161120104956.jpg

20161114131229.JPG

20161119101244.JPG 2016111910155.jpg

20161120105055.jpg

20161117145544.jpg

2016111714565.jpg

車輌によりスタイルが異なりますので、位置や形状などご希望にお応えしながら製作いたします。

 

 


◆スポーツスター用 ハイウェイペグ製作 ペグ位置調整式

20161119102950.JPG 20161119104039.JPG 20161117153413.jpg
 201611209382.JPG 20161120105519.JPG 20161120105538.JPG

遠すぎず近すぎないハイウェイペグのマウントを製作しました。

ペグの取り付け部分は 『多穴』 にしてありますので、お好みの場所にペグ位置を調整できます。

また普段は折り畳みが可能で邪魔にならず、意外なことにあまり目立ちません。

小柄な女性でも楽々足が届きます。

ロングランだけでなく街乗りでも重宝すると、お喜びいただいております。

 

 

◆ FXDWG用  ブレーキペダルをバックさせるためのロッドを製作

FXDWGはステップが遠く、小柄な方にはブレーキ操作が困難。

そのためスタイルは好きだけど購入を控えざるを得ない。なんて方もいらっしゃるとか。

しかし弊社製作のブレーキロッドと市販品を組み合わせることで、

小柄な方でも難なくFXDWGに乗ることが可能になります。

20161119105536.jpg

20161119105943.JPG

20161119105853.JPG

上の写真、真ん中がノーマル位置。右がワンオフしたブレーキロッドを装着したブレーキペダル位置です。

ワンオフしたブレーキロッドと同時にペグをバックさせる市販品のステーも同時装着しています。

これだけブレーキペダルとペグを手前に近づけることが可能になります。

またノーマルと変わらないブレーキ操作、ブレーキタッチが可能になっています。

20161117153319.jpg

20161119105647.jpg 20161119105732.jpg
201611191179.jpg 2016111911754.jpg 2016111911922.jpg

 

 

◆ ムーンアイズ製エマージェンシータンク取付ステー製作 

市販品のエマージェンシータンク(フューエルボトル)を取り付けるためのステーを製作

できるだけ車体に寄り添うように設計しました。

2016111714545.jpg

20161117145232.jpg

20161117145248.jpg

20161119112642.jpg

20161119112826.jpg

20161117145343.jpg

写真はスポーツスター用ですが、どんな車種でも製作できますし、取り付け位置もご要望にお応えできます。

 

 

◆ オリジナルフューエルボトル製作

20161119113518.jpg 2016111911361.jpg 2016111911373.jpg
20161119113814.jpg

ガソリンタンク製作用の市販ポップアップキャップと

汎用の廃材サイレンサーと異径コーンを溶接して

オリジナルのポップアップ式フューエルボトルも製作してみました。

 

 

◆ カウルガード製作

カウル類の小傷隠し、またはドレスアップのためのカウルガードを製作しました。

塗装してもいいですし、ラッピング処理などもできます。

多少であれば傷ついても補修が効きますので、再利用が可能です。

20161119125740.JPG 20161119125811.JPG

左の写真のような傷隠しに。

または傷防止、アクセントに最適です。

20161119125152.JPG 20161119125229.JPG 20161119125311.JPG
20161119125341.JPG 20161119125414.JPG 2016111912551.JPG
20161119125545.JPG 20161119125624.JPG 20161119125657.JPG

20161120105634.JPG

20161120105649.JPG

傷つきやすい場所におすすめです。

貼り付けタイプとなっております。

 

 

◆ フロントフェンダー製作

汎用フェンダーをスプリンガーに装着するためのドリルドプレートを製作し、溶接しました。

20161120105739.jpg 20161120105756.JPG

直径の違う穴を

等間隔に開けるのが肝です。

溶接の熱でフェンダーが歪まないよう

フェンダー裏側に穴をあけて

そこで溶接しています

     

 

 

◆ ブレーキホース  フィッティング変換&流用 長さ調整加工

社外ブレーキキャリパー装着時においてフィッティング部の角度や形状が合わなかったり

ハンドル交換などでブレーキホースの長さが余ってしまった時など

この加工を行うことでフィッティングが可能となり、仕上がりも良くなります。

2016111914748.jpg

20161117145714.jpg

2016111914514.jpg

上写真の真ん中。

加工によって様々な形状、角度のフィッティングを使用することが可能になります。

特に、メッシュのブレーキホースはメーカーによって色味やメッシュの折り方などが違いますので

クラッチ、アクセル、ブレーキなどのケーブルを統一したいが、フィッティングが合わない。長さが長い

なんてときはこの加工は最適です。

2016111914031.jpg

20161117145642.jpg

2016111914149.jpg

2016111914113.jpg

2016111914241.jpg 201611191438.jpg

201611191440.jpg

2016111914436.jpg

20161114131358.JPG

今回掲載している写真は、純正のメッシュブレーキホースに、

スウェッジラインという、社外ブレーキホースのフィッティング部を移植流用した様子です。

これにより、ケーブル類すべてを純正品の色味で統一することができました。

 

 


【その他ワンオフ&加工など】

20161120112144.jpg

2016112011222.jpg

20161114133325.JPG

テールランプベース製作

 

ツーリング用マフラーステー

 

20161114131211.JPG

20161114132738.JPG

20161120112229.jpg

ハンドルストッパー製作&溶接

 

サイレンサーステーワンオフ

 

タンクエグリ加工

 

20161120112250.jpg 2016112011237.jpg

2016111413231.JPG

ライトステー製作

 

電装プレート製作

 

20161114131344.JPG

2016111413164.JPG

20161117152426.jpg

スタンドエクステンション製作

 

レバースリム加工

 

ケーブル止め製作

 

20161114133052.JPG

20161120112414.jpg 20161114131816.JPG

各種メーターフィッティング&取り付けステー製作

 

2016111413113.JPG

20161114131146.JPG

20161114131458.JPG

サドルシート下目隠しプレート製作

 

フラットフェンダーフィッティング

 

20161117144946.jpg

20161117144912.jpg

20161117144928.jpg

社外品メーターステー製作&移設

 

2016111715301.jpg

20161117153018.jpg

20161114132318.JPG

テールランプベース破損。製作

 

20161117143321.jpg

20161114131727.JPG

20161117143340.jpg

ブレーキシステム、オフセットステー製

車高を上げた際に、ドライブベルトが車体に干渉するのを防ぎます。

 

2016111715207.jpg

20161117152033.jpg

20161117152250.jpg

ナビゲーションセンターへ移設プレート&移設テーブル製作

 

20161117151437.JPG

20161117151452.JPG

 

フェンダーサポート製作&フィッティング

 

 

20161117144626.jpg

20161117144640.jpg

 

アルミトップブリッジ  穴埋め&スムージング加工

 

 

2016111715159.JPG

20161114131047.JPG

 

フレームスムージング加工

 

 

2016111715141.JPG

2016111715216.JPG

 

フレームスムージング加工

 

 

2016111715292.JPG

20161117152931.JPG

20161117152917.JPG

フロントフォークアウターチューブ・スムージング加工

 

20161117152822.JPG

20161117152840.JPG

20161114132956.JPG

トップブリッジ・スムージング加工

 

フロントフェンダーショート加工

 

20161117152337.jpg

20161117152353.jpg

20161120124043.jpg

O2センサーボス  溶接取付加工

 

シートスリム化&アンコ抜き加工

 

2016112012411.JPG

20161120124116.JPG  

フレーム切削加工&リヤフェンダーフィッティング

 

 

20161117153042.jpg

20161117153055.jpg

2016112012427.jpg

ブレーキペダルオフセットカラー製作

 

インジゲーター移設ステー製作

 

201611171533.JPG

2016111715332.JPG

20161120124230.JPG

インターナルスロットル化

 

ミニスイッチ化

 

20161120124314.JPG

2016111715350.JPG

201611171546.JPG

ブレーキホースと配線をハンドル内へ中通し加工

 

2016111715446.JPG

201611171556.JPG

 

メインハーネスをフレーム内へ中通し加工

 

 

 

 

【カスタムなど】

20161114131546.JPG

20161114132343.JPG

2016112012449.jpg

フェンダーショート加工

 

社外テールランプフィッティング

 

20161117144734.JPG

20161117144719.JPG

2016111714473.JPG

社外リヤフェンダーフィッティング

 

20161120124443.JPG

20161120124458.jpg

20161114131623.JPG

社外デジタルメーター取り付け

 

インジゲーター加工

 

20161114133220.JPG

20161120124555.jpg 2016112012469.jpg

スピーカー取り付け

 

社外オーディオ取り付け

 

社外メーター取り付け&外装塗装

 

20161120124626.JPG

20161114133340.JPG

20161114132719.JPG

社外外装フィッティング

 

20161114133359.JPG

20161120124725.jpg

20161114133236.JPG

社外ハンドル取り付け&配線ハンドル内へ中通し加工

 

社外足回りフィッティング

 

20161120124742.jpg 20161120124755.jpg

20161114133415.JPG

外装&パーツ類ブラックアウトペイント

 

20161114133454.JPG

20161120124810.jpg

20161114131118.JPG

タンク下配線加工

 

イグニッションキー移設

 

社外シートベースフィッティング

 

 

 

【 エンジンオーバーホール 】

 ◆エボエンジン ツインカムエンジン オーバーホール

20161117151652.jpg

20161117151729.jpg

20161117151713.jpg

20161120124851.jpg

 

 

20161113131950.jpg

2016112012494.jpg
     

20161117143920.jpg

2016111714390.jpg

20161117143750.jpg

     
20161119133234.JPG 20161120124953.jpg

2016112012508.JPG

     

20161117143735.jpg

20161117143713.jpg

2016111714387.jpg

     
     

◆ V-RODエンジン オーバーホール

2016112012510.jpg 20161120125116.jpg 20161120125137.jpg
     
20161120125228.jpg 20161120125242.jpg 20161120125255.jpg
     
20161120125335.jpg 20161120125351.jpg 2016112012546.jpg
     

 

 

【 エンジンチューニング関連 】

20161114134431.JPG

20161114134412.JPG

20161114134352.JPG

20161120125448.jpg 2016112012555.JPG 20161120125522.JPG
     

20161117151637.jpg

20161117144759.jpg

20161117144824.jpg

     
20161120125630.jpg 20161120125648.jpg

20161114133112.JPG

     
     
     

【 ETC取り付け関連】

20161114132635.JPG

20161114133128.JPG

20161114131915.JPG

ETC取り付けステー各種製作

 

2016111413935.JPG

2016111413108.JPG

 

ETCシート内へ移設加工

 

 

20161114131859.JPG

20161120125719.JPG  

ETC移設加工